07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-13 (Tue) | [日々のこと]つぶやき
こんばんは。

今日はハンドメイドの記事ではないので・・・
お時間ありましたら読んでくださいね。。

心にとめておきたく・・・書きます。




+++++++++++++++++++++++++


タイトルにある【ダイちゃん】男の子みたいな名前だけど
メスのワンちゃんです。


2011年12月11日PM8:00ごろ 永眠しました。


私が高校生の時に 高校の中庭で生まれたワンちゃん達。
友達と一緒に1匹ずつ連れて帰ってからのダイちゃんとの縁。


もうちっちゃくてたまらなく可愛かったダイちゃん。

本当に優しい仔でした。。

出会いから16年。

大往生です。


目も見えなくなって足ももたついて。。

あちこちぶつかって鼻から血を出したり。。

穴っぽこにハマって出れなくなったり。。

凛々しい姿もお年寄りになった姿も全部全部大好きでした。


それでも天国に旅立つ2日前まで
ご飯も食べて歩けてたんです。。

土曜日に母さまから電話があり
歩けなくなって横になり、ご飯も食べなくなったと。。

かろうじて水はスポイドで飲ませているけど
目がぼーっと開いている感じ。

すぐにとんで行きたいけれど
実家までは電車で3時間近くかかるし
日曜も朝から用事があったんだけど・・・

さくらの一声  「ダイちゃんに会いたい」


その一声で急いで支度して実家に帰りました。

目も見えず耳も聞こえないので
触れる度にダイちゃんはビクっとなるのですが

私たちの手のぬくもりは伝わっていたでしょうか。。。


いつ呼吸が止まるか不安になりながら
実家に一泊しました。

帰宅する日曜日、ダイちゃんに
お正月にまた来るからね。と声をかけて
たくさん触れて帰宅しました。


その夜、足を動かせ
声にならない声を出して

そのままスーっと眠るように・・・

ゆっくりとゆっくりと

天国へ旅立ったようです。。


朝 ダイちゃんを抱き上げた後
まだ温もりがあったそう・・・

涙が 涙がとまりません。。

こんなに悲しいなんて・・・

勝手に高校生の時に拾って帰って
お世話は母親まかせ・・・
結婚してもダイちゃんは実家に任せっきりで・・・

でも母さまの元で暮らしていたからこそ
幸せな16年間を過ごせたと心から思います。

母さまに本当に感謝します。


そして さくらにも感謝。

さくらの一声がなければきっと実家には戻っていなかったと思うんです。

生きているあったかいダイちゃんと最後に会えたこと。。
帰宅した日に亡くなるなんて・・・ほんとに会いに行って良かった。。

そして ダイちゃんにも感謝。

私達が行くのを待っててくれてありがとう。

そして私達が帰った後に天国に旅立ったのにも
意味があったんではないかと思わずにはいられない。。

天国に旅立つ瞬間に子供達が遭遇していたら
さくらは心が折れてしまっていたかもしれません。。

実家に帰る度、一人で散歩に連れていったり
ご飯をあげたりとさくらもダイちゃんが大好きでした。

さくらも思い出す度に涙を流してます・・・


ダイちゃんにはありがとうとごめんねの言葉ばかり。。

もうちょっとアレをしてあげれば良かったと心残りばかりだけど
やっぱり最後は【ありがとう】かな。

ダイちゃんとの出会いからの16年を振り返り
まだまだ悲しみは残りますが
天国で元気に駆け回っていますように・・・

ずーっと傍にいてくれた母さま。

ほんとにありがとう。

私なんかより、はるかに悲しい思いをしていると思うので
離れているからとても心配です。

でもほんとにお母さんの傍で過ごせた16年のダイちゃんは
幸せだったと思うから。。



だいちゃん。


生前、写真から見て作ってもらったダイちゃんのフィギュア。



だいちゃん。。


ダイちゃんの犬小屋です^^



亡くなった日の夜 私と子供達は
ベランダから空を眺めて
思い思いに手を合わせました。


ダイちゃん ありがとう。。






また次回の記事では元気に作品をお披露目したいと思ってます^^
読んでくれた方、ありがとうございます!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ  

人気ブログランキングへ


これからも応援よろしくお願いします☆







関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。